水質分析は昭和環境分析センター

井戸水、貯水漕等の飲料水について検査を行います。

水道水 関係法令

  • 水道法(昭32法177)
  • 水質基準に関する省令 (平15厚生労働省令第101号)
  • 建築物における衛生的環境確保に関する法律 (昭45法20)

水道水検査 環境基準

施行日:平成16年4月1日.厚生労働省令第101号

基準項目51項目

項目

基準値

 

1

一般細菌

1mlの検水で形成される集落数が100以下であること















のあ


2

大腸菌

検出されないこと

3

カドミウム及びその化合物

カドミウムの量に関して、0.01mg/l以下であること

4

水銀及びその化合物

水銀の量に関して、0.0005mg/l以下であること

5

セレン及びその化合物

セレンの量に関して、0.01mg/l以下であること

6

鉛およびその化合物

鉛の量に関して、0.01mg/l以下であること

7

砒素及びその化合物

ヒ素の量に関して、0.01mg/l以下であること

8

六価クロム化合物

六価クロムの量に関して、0.05mg/l以下であること

9

シアン化物イオン及び塩化シアン

シアンの量に関して、0.01mg/l以下であること

10

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素

10mg/l以下であること

11

ふっ素及びその化合物

フッ素の量に関して、0.8mg/l以下であること

12

ホウ素及びその化合物

ホウ素の量に関して、1.0mg/l以下であること

13

四塩化炭素

0.002mg/l以下であること

14

1,4-ジオキサン

0.05mg/l以下であること

15

1,1-ジクロロエチレン

0.02mg/l以下であること

16

シス-1,2-ジクロロエチレン

0.04mg/l以下であること

17

ジクロロメタン

0.02mg/l以下であること

18

テトラクロロエチレン

0.01mg/l以下であること

19

トリクロロエチレン

0.03mg/l以下であること

20

ベンゼン

0.01mg/l以下であること

21 塩素酸 0.6mg/l以下であること

22

クロロ酢酸

0.02mg/l以下であること

23

クロロホルム

0.06mg/l以下であること

24

ジクロロ酢酸

0.04mg/l以下であること

25

ジブロモクロロメタン

0.1mg/l以下であること

26

臭素酸

0.01mg/l以下であること

27

総トリハロメタン(クロロホルム、ジブロモクロロメタン、ブロモジクロロメタン及びブロモホルムのそれぞれの濃度の総和)

0.1mg/l以下であること

28

トリクロロ酢酸

0.2mg/l以下であること

29

ブロモジクロロメタン

0.03mg/l以下であること

30

ブロモジクロロメタン

0.09mg/l以下であること

31

ホルムアルデヒド

0.08mg/l以下であること
































32

亜鉛及びその化合物

亜鉛の量に関して、1.0mg/l以下であること

33

アルミニウム及びその化合物

アルミニウムの量に関して、0.2mg/l以下であること

34

鉄及びその化合物

鉄の量に関して、0.3mg/l以下であること

35

銅及びその化合物

銅の量に関して、1.0mg/l以下であること

36

ナトリウム及びその化合物

ナトリウムの量に関して、200mg/l以下であること

37

マンガン及びその化合物

マンガンの量に関して、0.05mg/l以下であること

38

塩化物イオン

200mg/l以下であること

39

カルシウム,マグネシウム等(硬度)

300mg/l以下であること

40

蒸発残留物

500mg/l以下であること

41

陰イオン界面活性剤

0.2mg/l以下であること

42

(4S、4aS、8aR)-オクタヒドロ-4、8a-ジメチルナフタレン-4a(2H)-オール(別名ジェオスミン)

0.00001mg/l以下であること(※注1)

43

1,2,7,7-テトラメチルビシクロ[2,2,1]ヘプタン-2-オール(別名2メチルイソボルネオール)

0.00001mg/l以下であること(※注1)

44

非イオン界面活性剤

0.02mg/l以下であること

45

フェノール類

フェノールの量に換算して、0.005mg/l以下であること

46

有機物(全有機炭素[TOC]の量)(※注2)

5mg/l以下であること(※注2)

47

pH値

5.8以上8.6以下であること

48

異常でないこと

49

臭気

異常でないこと

50

色度

5度以下であること

51

濁度

2度以下であること

※注1)この省令の施行の際現に布設されている水道により供給される水に係る表42の項及び43の項に掲げる基準については、平成19年3月31日までの間は、これらの項中「0.00001mg/l」とあるのは「0.00002mg/l」とする。

※注2)平成17年3月31日までの間は、表46の項中「有機物(全有機炭素[TOC]の量)」とあるのは「有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)」と、「5mg/l」とあるのは「10mg/l」とする。

水質管理目標設定項目27項目※注1

項目

目標値

備考

1

アンチモン及びその化合物

0.015mg/l以下



















2

ウラン及びその化合物

0.002mg/l以下(暫定)

3

ニッケル及びその化合物

0.01mg/l以下(暫定)

4

亜硝酸態窒素

0.05mg/l以下(暫定)

5

1,2-ジクロロエタン

0.004mg/l以下

6

トランス-1.2-ジクロロエチレン

0.04mg/l以下

7

1,1,2-トリクロロエタン

0.006mg/l以下

8

トルエン

0.2mg/l以下

9

フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)

0.1mg/l以下

10

亜塩素酸

0.6mg/l以下

12

二酸化塩素

0.6mg/l以下

13

ジクロロアセトニトリル

0.04mg/l以下(暫定)

14

抱水クロラール

0.03mg/l以下(暫定)

15

農薬類 ※注2

1以下

16

残留塩素

1mg/l以下

17

カルシウム、マグネシウム等(硬度)

10〜100mg/l以下

上生
の活
障利
害用
を上
及の
ぼ支
す障
おあ
そる
れい
のは
あ施
る設
項管
目理

18

マンガン及びその化合物

0.01mg/l以下

19

遊離炭酸

20mg/l以下

20

1,1,1-トリクロロエタン

0.3mg/l以下

21

メチル-t-ブチルエーテル

0.02mg/l以下

22

有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)

3mg/l以下

23

臭気強度(TON)

3以下

24

蒸発残留物

30〜200mg/l以下

25

濁度

1度以下

26

pH値

7.5程度

27

腐食性(ランゲリア指数)

-1以上、極力0に近づける

28

従属栄養細菌

2000集落数/ml以下(暫定)

※注1)水質管理目標設定項目とは、水質基準として規制する必要のないものの、従来にわたって水道水の安全性を確保するために、水質管理上必要な項目のことである。また表中の11番が削除されているのは塩素酸が水質基準に追加されたことによる。

※注2)農薬類には102項目あり、それぞれの検出値と目標値の比の和として1以下を目標値とする。今回の水道法逐次改正により従来の101項目にフィプロニル(殺虫剤)が追加されました。

水道水検査 分析項目

適用法

項目

水源

検査の時期

1

ビル管理法試行
規則第四条第一項第三号のイ

水質基準に関する省令(平4厚冷69)の表中
1,2,6,10,30〜32,35,37及び41〜46の各項に掲げられる事項

上水、簡易水道を水源とするもの

六ヶ月以内毎に一回、定期に

2

ビル管理法試行
規則第四条第一項第三号のイ

上記省令の表中21〜25の項までの項に掲げられる事項

同上

毎年6月1日から9月30日までの間に1回、定期的に

3

ビル管理法試行
規則第四条第一項第四号のイ

上記省令の表中の全項目

地下水を水源の全部又は一部とするもの

給水を開始する前

4

ビル管理法試行
規則第四条第一項第四号のロ

上記省令の表中1,2,6,10,30〜32,35,37,及び41〜46の各項に掲げられる事項

同上

六ヶ月以内ごとに一回、定期的に

5

ビル管理法試行
規則第四条第一項第四号のハ

上記省令の表中21〜25の項までの項に掲げられる事項

同上

毎年6月1日から9月30日までの間に1回、定期的に

6

ビル管理法試行
規則第四条第一項第四号のニ

上記省令の表中12〜20,39及び40の項に掲げられる事項

同上

三年以内ごとに一回、定期に

※検査項目によっては採取方法、試料容器、及び試料の前処理など注意する必要がありますので、ご相談下さい。

このページのトップに戻る
昭和環境分析センター ホーム
ごあいさつ
会社案内
交通アクセス
業務案内
土壌汚染調査
土壌分析
水質分析
大気分析
ごみ質分析
悪臭分析
ダイオキシン測定
産業廃棄物分析
飲料水検査
関連リンク集
調査依頼お申し込み
お問い合わせ

当社は、土壌汚染対策法第3条第1項の規定に基づき、環境省から指定調査機関に指定されております。

指定番号 環2004-1-19
指定年月日 平成16年2月20日

昭和環境分析センター 群馬県館林市